ホーム>ニュース>林酒造株式会社>2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」
林酒造株式会社

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」

                                  

201861513138.jpg

2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」主人公明智光秀、主演、長谷川博己

謎めいたタイトルです。

私の小学生、中、高校時代の光秀の存在は、逆賊、三日天下のネガティブな人物像でした。

元亀2年(1571)日本の国を鎮め護る寺として朝廷から大きな期待、信頼をさ

れ、富の集中を恐れた延暦寺を全山焼き討ちした信長に将来の不安を掻き立てられ、

討伐を覚悟した光秀、裏切る者は、その後呆気なく野武士に殺される。近来、その

節に対抗し、信長の悪行を正し、三日天下で敗れることなく、千利休として、天海

和尚として、徳川家康にも使えたという、地域歴史フリークの方々、その明智光秀

は当蔵にとってもマストアイテムです。明智光秀は当蔵の登録商標です。

 

NHKの解説では、荒廃した世を立て直し、民を飢えや、戦乱の苦しみから解放して

くれるのは、誰なのか・・・そして麒麟(聖なる獣)はいつ、くるのか?

 

時は東京オリンピック、時代は平成か〇〇へ、政治は、自民党から〇〇へ

近代でも「麒麟」が現れるかも?皆様にも?

 

ワクワクする時代になりそうです。期待しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.minotengu.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/21

ページ上部へ