ホーム>ニュース>林酒造株式会社>明智光秀生誕の地 可児「明智光秀・明智天海」
林酒造株式会社

明智光秀生誕の地 可児「明智光秀・明智天海」

20195271115.jpg諸説ありですが、岐阜県可児市は「明智光秀」の生誕地として

かなりの信憑性ありとおわれております。

御存知のこととは思いますが、2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』

はその明智光秀が主人公、その主演は「長谷川博己」さん。

また、生誕地可児市羽崎の長山城址東側にある花フェスタ記念公園内に

「明智光秀」のドラマ館が来年1月から1年間オープンいたします。

当蔵は1973年のNHK大河ドラマ『国盗り物語』より、現在まで

地域武将として応援してまいりました。今回のドラマでは、いままでの

光秀のイメージとは真逆の「麒麟」中国の神話の登場する伝説上の生き

物性格はやさしく、殺生を嫌う霊獣とされているそうです。

やっと当蔵も陰ながら応援してきた明智光秀を地域の名将として、益々応援してまいります。

可児にお越しの説は、光秀ともども林酒造をよろしくお願いいたします。
2019527115052.jpg

光秀は、織田信長の家臣であった徳川家康と出会い、家康に先見性を見

出し、次の天下人と感じ、徳川幕府100年構想を提案していたのでは

ないか?その事変の後、身分を偽るために僧侶として、名前を変え、

「南光坊天海」と説を語る作家も見えます。そんなことから3年前より

「明智天海」として純米酒を発売してをります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.minotengu.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/29

ページ上部へ